本文へ移動

焼き入れコイルとは

※高周波熱錬(株)HPより
加熱コイルは焼入(*誘導加熱)を行う際に使用する部品の1つです

コイルに電気を流し磁力の力を使い金属を加熱する技術です。

この誘導加熱技術を行う際に対象となる製品に銅製の加熱コイルを設置し電流を流して金属の耐摩耗性耐久性を高めます。

主な用途としては自動車部品・機械部品*の表面熱処理があります

部品(金属)の表面のみを加熱し急冷することによって表面硬度を高め金属の耐摩耗性と耐衝撃性を高めると同時に内部は柔らかいまま保ち耐久性をあげる事が出来ます(ねじれ・折れ等)

この加熱方法で行うと地球環境に優しい強度のある製品を加工する事が出来ます

●誘導加熱とは
コイルに交流電流を流すとコイルから磁束が発生します。
そして磁束のある空間に金属を置くとその金属には逆方向の磁束を発生しようとする電流が誘起されます。
このとき金属自体の電気抵抗によって損失が生じ金属は発熱します(ジュール熱)
この発熱は交流の周波数が高いほど金属表面層に集中する性質があります

●主な機械部品とは
ギア、ベアリング、シャフト、レールなど

株式会社旭電波工業所
<本社>
東京都東久留米市前沢1-3-5
TEL.042-471-3675
FAX.042-471-3575


1.高周波誘導加熱コイルの設計・製作及び修理

2.高周波トランスの製作・修理
0
2
0
1
1
4
TOPへ戻る